躁状態

躁鬱病かなと思ったら

嫌なことがあったら気分が落ち込んだりすることがあります。逆に、良いことがあると気分が上がります。これは人間として当たり前のことです。気分が落ち込むよりも、気分が良い状態を常に維持していたいと思うのは当然の事です。しかし、気分が良すぎるのも実は問題の1つなのです。

正しい理解と周囲の対応

気分が良いと、いつもより喋ることが多くなったり楽観的になったりします。これは決して悪くはないことなのですが、気分が良すぎる状態は悪いこと招いてしまいます。良い気分になり、自信過剰になってしまうと、自分の能力には追いつかないことをしてしまい、大きな判断ミスをすることがあるのです。楽観的な気持ちで借金をして、簡単に返せると思っていてもなかなか返すことが出来なくなった、ということがあります。頭が冴えることで、いつもの状態では思いつかないアイディアが浮かぶこともありますが、その更に上に行くと頭が空回りしてしまい、アイディア1つ1つに注意を向けることができなくなってしまうのです。このような過度な気分が良い状態を、「躁」と言います。

躁の状態は、他人から見ると問題があるというのがすぐに分かります。しかし、自分自身ではなかなか問題があることに気づきません。躁状態の症状は、多幸感、多弁、行動的になる、元気になる、明るくなる、体調が良くなる、食欲が増える、性欲増えるなどがあります。このような症状に加えて、うつの状態が交互に起こります。躁鬱病は、1つの症状が出るだけではなく、複数の症状が出ます。このような症状に当てはまる場合は、一度病院で受診してもらった方が良いです。

躁鬱病が増え続けていると言われるようになって随分経ちますが、まだまだ正しい理解が進んでいないこともあり、患者さんが周囲の無理解で苦しむケースも目立ちます。 自分には関係ないと思っていても、正しい知識を備える事で周りの人を助ける事が出来るかもしれません。 躁鬱病とは躁状態と鬱状態が交互に現れるのが特徴です。躁状態での症状はいつもソワソワしている、極端に買い物が増える、許容量を超えた仕事を引き受けてしまう、怒りっぽくなったり、自我を通そうとする、等があります。 鬱状態では逆に自信がない、動きたくない、体があちこち痛いなどの訴えが認められます。 これらの発症の原因は1つとは言えませんが、環境に大きな変化があった場合に起こりやすいと言われています。最近職場で異動があった、家族に大きな不幸が続けて起きた、等の激しい変化を受けた人で上記の様な症状があったら、躁鬱病の事を少し考慮する必要があると言えます。

躁鬱病の症状が出ている時にはどう接したら良いのでしょうか。 まずは信頼関係を築く事が大事です。病気なのですから、本人の感じたままを否定せずに受け止めてあげます。症状を見てこれはワガママだとか、間違っているなどと頭から否定せず、今の症状ではそう感じたのだ、という点を大事にしてあげてください。 また、躁鬱病の時は感情の振り幅が大きくなります。ちょっとした不快感が大きくなったまま周囲に感情をぶつけてしまう事もありますので、無理に治そう、話を聞こうとせずに敢えて距離を置き一人にさせる事も時には必要でしょう。 躁鬱病の原因の1つには、周囲からの評価を気にするあまり自分の価値を見失ってしまう事によるストレスもあると言われています。評価ではなく人間性に理解を示す事で、社会の中で本当の意味での癒しを得る事が出来るでしょう。

オススメリンク

美容外科を大宮エリアでお探しの方はこちらのサイトを参考にしましょう!人気のクリニック情報が紹介されているので、あなたに合うところを見つけよう!