カウンセリング

悩んでいる女性

躁鬱病の治療法は様々ありますが、代表的なのは薬物療法、カウンセリング、環境改善です。うつ病と躁鬱病は違う病気なのですが、躁鬱病なのにうつ病と診断されてしまうと、治療をしても効果が無いことが多いです。ですから、うつ病の症状が出ている場合でも、躁鬱病の可能性があるので、症状だけでうつ病と判断しないようにした方が良いです。うつ病と間違って診断されないようにするためには、カウンセリングをすることが大切です。病院でしっかりカウンセリングをして、症状のことや、不安に思っていること、体調のことを相談することで、躁鬱病と診断することができ、症状も緩和することができます。

カウンセリングは、病気の状態を確かめる目的としてもそうですが、うつ状態と躁状態の緩和も目的としています。心の病気、精神的な病気ですから、カウンセリングをして相談をするだけでも十分治療として効果があるのです。カウンセリングというと、医師が患者に詳しく情報を聞きだすイメージがありますが、躁鬱病の場合は、患者が医師に話をするケースが多いです。身の上相談、愚痴を他人にするだけでも、患者は気が楽になるのです。躁鬱病の人は、社会生活や日常生活と日々戦っています。それを戦いと認識するのではなく、職場の人や家族の人との接し方などを教えてもらい、仲間として認識することが大切です。カウンセラーは、カウンセリングのプロで多くの人のカウンセリングを行っていますから、どんな質問にもしっかりと答えてくれます。